館内の紹介

京都 東山 幸遊庵 外観の拡大画像
外観

全体

大正時代後期の物件は、先のオーナーさんが店舗として使用されていたものを改修しました。町家保存に力を入れられる工務店さんに、京都の町家として丁寧に改修していただきました。
格子や外壁のほとんどは新たに作り直したものです。外観の木部は弁柄、壁は漆喰塗りの仕上げです。

  • 外観
  • 格子
  • 虫籠窓
  • 玄関

※ 写真をクリックすると拡大写真が表示されます

幸遊案 館内の紹介 | 外観 | 居間 | 寝室 | 書斎 | 浴室 | キッチン | 坪庭 | 階段